1 Reply Latest reply on Sep 17, 2014 10:56 PM by cohei

    AMT SDK サンプルコード における WS-Management通信のタイムアウトについて

    わたまる

      AMT SDK 8.0 のサンプルソース(root\Windows\Intel_AMT\Samples\WS-Management\RemoteControl\RemoteControlTyped\C++)
      を参考にし、AMTによるリモートPCの起動状態の参照機能を実装することを考えています。
      サンプルから抜き出した以下の処理について質問があります。

          ------------------------------------------
          CimOpenWsmanClient wsmanClient(,,,,,,,);
          CIM_AssociatedPowerManagementService associatedPowerManagement;
          std::vector<shared_ptr<CIM_AssociatedPowerManagementService> >  apmVec = associatedPowerManagement.Enumerate(wsmanClient);
          associatedPowerManagement = (*apmVec[0].get());
          PowerState currentPowerState = (PowerState)associatedPowerManagement.PowerState();
          ------------------------------------------

      リモートPCの電源が通電していない場合や断線している状態のときには、
      CIM_AssociatedPowerManagementService.Enumerate() がタイムアウトする
      までに約20秒を要してしまいますが、これをもっと短い時間にする
      ことは可能でしょうか?

       

      当方の推測ですが、WS-Managementは下位プロトコルにhttpやhttpsを利用
      している関係上、タイムアウトはOSのTCPのコネクションのタイムアウトに
      依存してしまうたため、このタイムアウト時間を変更することはできな
      いのではないかと思っています。